ハチ駆除で安全な住まいにしよう~危険な生物対策ナビ~

有毒な毒を持つ

駆除

住宅の安全性を損ねかねないのがハチの巣です。ハチは単体でも刺されてしまうと、個体の持つ毒により人体に異常をきたすかもしれません。このため、ハチ駆除を行うことが大切です。ハチ駆除を行う際は、住宅に発生しているハチの種類を確かめることが大切です。種類により危険度が大きく変わってくるのです。ただ、防護服も無しに近づいてしまうとどのような種類のハチだろうと危険のため止めましょう。特に危険といわれるのがスズメバチです。スズメバチはハチの中でも特に有毒な毒を持っている種類で、その危険度の高さから発生すると大きな問題になることもあります。これを防ぐためにもハチ駆除をする必要がありますが、この種類のハチはかなり警戒心が強く、巣に近づこうものなら、突然向かってくることもあります。また、巣には大量のハチがいるため、警戒して大勢で向かってくることもあるのです。このハチの特徴として、基本的に他のハチよりも大きいという特徴があります。このため、発生した際には気づきやすいというのが特徴です。このハチは嬢王蜂の行動にあわせて活動しはじめます。この嬢王蜂のいる巣に近づくと、周りのハチ達が警戒して攻撃してくるのです。威嚇をするための攻撃を行うこともあるため、できるだけ巣には近寄らないようにすることが大切です。放っておくとかなり危険度が高いためハチ駆除を行うことが大切です。冬や春など温度の低い時期には発生しないことが多いです。